自動車学校 最短

自動車免許を最短取得するなら合宿が一番!

合宿免許の場合は、自動車免許を教習所に通って取得するよりも非常に短い期間で取ることができます。
では、合宿免許の場合、自動車免許はどの程度の期間で取ることができるのでしょうか?
一般的に、最短の場合には、オートマチック車の場合は13日間、マニュアル車の場合は15日間で自動車免許を取得することができます。
では、教習所に普通に通う場合には、期間はどのくらい必要なのでしょうか?
マニュアル車で教習所に普通に通う場合には、仮免許を取るまでに約1カ月、それから本免許を取るのに約2カ月程度かかるそうです。
これは、教習を集中して受けることができないというためでもあるそうです。
時期が夏休みなどの場合には、教習所が混雑しているので、教習の予約がもっと取りにくいため、時間がさらにかかることになります。
これに対して、合宿免許の場合はスケジュールを密にして、できるだけ早く自動車免許を取ることができるようになっています。
そのため、相当早い期間で自動車免許を取ることが可能なのです。
このように、合宿免許においては、教習所に普通に通うよりも、自動車免許を非常に早い期間で取得することができるのです。
こうして見てくると、自動車免許を合宿免許で取得することは非常に魅力的と思います。
これは、教習所に普通に通うよりも、時間を節約できることにもなるのではないでしょうか。
これから、自動車免許の取得をしたいと考えている方は、合宿免許での取得を是非検討してみましょう。

 

 

合宿タイプの自動車学校の支払いについて

車を運転したいということで、運転免許を取得しようと考えている方も多いと思います。
しかし、車を運転するために運転免許を実際に取得しようと考えても、それほど容易に取得できるものではありません。
取得するための料金だけでも20万〜30万円程度は最低でも必要になってきますので、自分のお小遣いくらいで簡単に取得できるようなものではありません。
合宿免許で運転免許を取得したいと考えている大学生などは、そのようなお金を捻出することも一苦労ではないかと思います。
しかし、教習所の合宿免許のパンフレットやホームページを見てみると、ローンがあります、というのをよく見かけます。
その教習所によってローンの金利は違っていますが、若い方でこのようなローンを利用している方は結構多くいるようです。
ローンを銀行で組んで、一括で教習所へ支払うという方法もありますが、銀行のローンの場合はフリーローンになるため、大学生では保証人が必要であったり審査に合格しなかったりと厳しいようです。
そのようなリスクを考慮した場合、金利が少し高くなっても、教習所がおすすめのローンを利用した方がいいかもしれません。
しかし、大学生などの若い方の場合は初めてローンを組むという方も多くいると思いますので、ローンは十分に返済を行うことができる計画を立ててから組むようにしましょう。
もし、これが無理であれば、運転免許を取得するのは社会人になるまで止めておいた方がいいでしょう。